ペロイズム

感じたことや考えていることをダラダラと・・・

MENU

「社会不適合者の会」に参加してくれた方々ありがとう!

遅ればせながら感謝の気持ちをお伝えしようと思います。伝説の勇者さんりりたろうさん、「社会不適合者の会」に参加してくれて本当にありがとうございます!正直めっちゃ嬉しいです。内心、誰も来てくれなかったらどうしよう・・・なんて弱気な部分もあったので、ちょっぴり安心しております(笑)

続きを読む

夏バテ気味のネガティブなぼやき

この2日間、自宅から一歩も外に出ずに、ずーっとドラマやアニメなんかを見ていた。年齢を考えると少しは外に出て太陽の光を浴びたり、散歩なんかをした方がイイんだろうけど、ダルさがピークに達していたため全く動く気になれなかった。こんなんでいいのだろうか?と頭では分かっているんだけど、人間どうしようもないときってのは必ずある。

続きを読む

「マジメ」と「マメ」という言葉についてマジメに考えてみた。

「"マジメ"は褒め言葉じゃねーぞ!」って誰かが言っていたんだけど、「マメ」という言葉もしばしば同じような意味合いで使われる。ここ数十年の間で「マジメ」や「マメ」といった言葉の品位はすっかり地に落ちてしまった。今日では、相手を小馬鹿にするようなニュアンスで使われることが多い。悲しくもそれが現実である。

続きを読む

「社会不適合者の会」というグループをつくったのでヨロシクです(笑)

いやぁ~それにしても、通勤時間帯における電車の混み具合といったらハンパない!ボクは埼玉県に住んでいるので都内に勤めている人たちに比べたらかわいいもんなんだけど、人混みが苦手なボクにとってはそれだけでエネルギーの大半を使い果たしてしまう。これだから早番ってのは嫌なんだよな(汗)

続きを読む

もう少しだけ心にゆとりをもって生きていこう!

昔からずーと疑問に思っていたんだけど、電車から降りてくる人を待たずにズカズカと車両に入ってくる人たちって、一体何を考えているのだろうか?扉が開く前から堂々と正面に突っ立っているし、扉が開いても避けようとしない。体がぶつかったりしようもんなら、なぜかこっちが悪いかのような感じで睨んでくる。まったくもって意味不明だ。

続きを読む

「死」について考えてみた。

去年、祖母が亡くなったんだけど、残念ながら身内に悲しむ者は一人もいなかった。祖母はとてもワガママで誰の言うことも聞かない傲慢な人だった。毎日ブーブー文句を言っては誰彼構わず罵倒する。何かあればボクら家族のせいにされてしまうし、意に反する言動は全て拒否されてきた。自分以外の人間を決して認めることはなかった。

続きを読む

「やりたいことが見つからない」という罠について。

巷でよく耳にするこのフレーズ「やりたいことが見つからない」。一昔前のボクもそんなことをよく考えていた。その頃はまだユーチューバーという言葉すら存在していなくて、アメリカのネット動向に敏感な一部の人たちが、こぞって動画市場に参入していった。あの有名ブロガーのイケハヤさんですら注目していないそんな時代である。

続きを読む

"ぼっち"の休日の過ごし方

昨日は知り合いのお家で飲み会だった。やっぱり宅飲みは気楽でいい。お財布にもやさしいので貧乏人にはぴったりだ。しかもご近所さんなので終電を気にする必要もないし居酒屋のような気遣いも無用。個人が自由に飲み食いできてストレスを発散できる最高の環境だ。一人でいることが多いボクにとって、こーゆー場にいれることが本当にありがたい。

続きを読む

貧乏人の暇つぶしの仕方。

知らない間に身についた習慣なんだけど、ボクは食事をするとき必ずと言っていいほどドラマやアニメなんかを見ている。昔は無料動画サイトをよく利用していたんだけれど、あるときから見れなくなってしまったので、ここ数年はプライムビデオに頼りっきり。インドア派としてはかなりありがたいサービスだ。

続きを読む

幸せの価値観。

昔のボクはお金と幸せが直結していると思っていた。「金持ち=正義」という、いかにも資本主義らしい考え方がベースとなっていたので、貧乏人を見下して、お金持ちを尊敬していた。だけど、年齢や経験を重ねるごとに少しづつ価値観が変わっていって、今ではいかにお金をかけずに幸せを感じられるかというゲームを楽しむようになっている。

続きを読む

サイトマップ

お問い合わせ

プライバシーポリシー