ペロイズム

感じたことや考えていることをダラダラと・・・

MENU

ボクが抱える3つの心の病

ボクは慢性的に3つの病に侵されているような気がしている。1つ目は「仕事イヤイヤ病」、2つ目は「答えを求める病」、3つ目は「周りを気にする病」。発症し始めたのは、もう何年も昔のことだ。時間が経っても改善されないということは、抜本的な治療を行うか、習慣だと思って諦めるかのどちらかしかないのかもしれない。


1つ目の「仕事イヤイヤ病」とは、言葉の通り、仕事が嫌で嫌でたまらないといった症状のことだ。職場にいても自宅にいても仕事のことばかりを考えてしまい、心がザワザワして落ち着かなかったりする。ボクの場合はシフト制のため一緒に働くメンバーによって大きく左右されるわけだが、週の半分はこんな状態が続いている。


2つ目の「答えを求める病」とは、何に対しても正解を求めてしまうことをいう。例えばボクの場合「絶対に稼げるFX必勝パターン」とか「必ず幸せになれる9つの法則」といったようなノウハウばかりが書かれたものを追い求めてしまう傾向にあった。最近では「生きる意味」みたいなことを自問自答しながら日々悶々としていることが多い。


3つ目の「周りを気にする病」とは、ある特定の人たちからどう見られているかを気にしすぎてしまうことを指している。例えばボクの場合、イライラするのもされるのも嫌いで、そういう感情的な人を相手にすると心臓がバクバクして止まらない。怒られないかなぁ?とか話しかけても大丈夫かなぁ?とか気を使いすぎてしまい疲れてしまうわけだ。


こういう心の悩みを感じ始めたのは、自分が何をやってもダメ人間であることを自覚した頃からである。たぶん精神疾患なんだろうけど、それをお医者さんの口から聞く勇気はないので、今のところは一人で何とか粘っている。昔に比べて落ち着いてはきたものの、それでもまだまだ不安定だ。今後どう対処していくかがボクにとっての課題といえる。

サイトマップ

お問い合わせ

プライバシーポリシー