ペロイズム

37歳・独身・現役フリーター のホンネ

ちょっぴり制限をつけると人生は少しだけ面白くなる。

モノ・ヒト・カネ・時間・情報・努力・過去・仕事などなど、ボクらは自分を制限するものばかりでガチガチになって動けなくなっていることが多いので、もっと積極的に損切りして自由になろう!なんていうお話を昨日の記事で書いたんだけど、その一方で何かしら制限をつけた方が人生を楽しめるんじゃないか?と思うこともある。


例えばボクの場合、最近になって株式投資を勉強しているんだけど、こんな感じで取引したら精神的に楽なんじゃないか?とか、こんなところでエントリーしたら勝ちやすいんじゃないか?とか考えながら、自分なりのルールを作って検証している。毎日あーでもないこーでもないと一人会議を行っているんだけど、これがまたけっこう面白かったりする。


また、ブログを書くときは下書き用にiPhoneのpagesというアプリを使っているんだけど、なるべく1ページ以内に言いたいことをまとめるようにしている。ムダを省きエッセンスだけを抽出することができるからだ。たまにオーバーしてしまうこともあるんだけど、そんな時は「たまにはしょうがないよね!」といった感じで許すようにしている。


ボクの場合はけっこう個人戦が好きなので、こういう地味なことに夢中になることが多いんだけど、団体戦が好きな人はそれこそ仲間を集めて会社を作ったりボランティアなんかをしてみると面白いかもしれない。それはスポーツにしてもゲームにしても同じことが言えるし、そもそも法律というルールがあることによって楽しめている部分がある。


もし日本が法治国家じゃなかったらボクなんてとっくに死んでいたと思うし、喜びや嬉しさといった感情を知ることもなかったかもしれない。人生はあまりガチガチに固めすぎると窮屈だが、ゆるゆるすぎてもつまらない。その中間くらいをふらふらしている感じが丁度いいんじゃないだろうか。何となくそんな気がしている。

サイトマップ

お問い合わせ

プライバシーポリシー