ペロイズム

感じたことや考えていることをダラダラと・・・

MENU

"ぼっち"の休日の過ごし方

昨日は知り合いのお家で飲み会だった。やっぱり宅飲みは気楽でいい。お財布にもやさしいので貧乏人にはぴったりだ。しかもご近所さんなので終電を気にする必要もないし居酒屋のような気遣いも無用。個人が自由に飲み食いできてストレスを発散できる最高の環境だ。一人でいることが多いボクにとって、こーゆー場にいれることが本当にありがたい。


とは言っても、みんなそれなりに忙しくしているから、開催できたとしても月に1~2回ほど。なので、基本的には一人で暇つぶしをしている。中でもよく利用するのがチェーン店のカフェと漫画喫茶。散歩も兼ねて複数の店舗を回っている。ちょっとしたリフレッシュにもなっているので一石二鳥だ。


ボクの場合、カフェでは本を読んでいることが多い。読書家といえるほど好きではないんだけど、表現の仕方に幅が広がるし、言葉のボキャブラリーも豊富になるのでけっこうおもしろい(お笑い番組もかなり勉強ななる)。そういう言葉集めみたいなことをしているだけでも時間はあっという間に過ぎてしまう。読書は意外とバカにできない。


逆に漫画喫茶では動画コンテンツを楽しんでいる。最近見たなかでは「向かいのパズる家族」というSNSをテーマにしたドラマが面白かった。まさに今が旬といった感じで、現代社会が分かりやすく表現されている。フィクションなので少し大袈裟ではあったものの、このドラマに登場するような人たちは身近にもけっこう多いんじゃないかと思った。


まぁ、ボクの休日といったら、だいたいこんな感じだろうか。最近では一人映画を満喫したり一人カラオケで熱唱したりと、生活の幅を少しづつ広げていっている。ここ数年で"ぼっち"もの需要も高まっているので、かなり生きやすくなった。今度はひとり旅にでもチャレンジしたいと思っている。まずは近場の日帰り旅行でも試してみるかな。

サイトマップ

お問い合わせ

プライバシーポリシー