ペロイズム

感じたことや考えていることをダラダラと・・・

MENU

「やりたいことが見つからない」という罠について。

巷でよく耳にするこのフレーズ「やりたいことが見つからない」。一昔前のボクもそんなことをよく考えていた。その頃はまだユーチューバーという言葉すら存在していなくて、アメリカのネット動向に敏感な一部の人たちが、こぞって動画市場に参入していった。あの有名ブロガーのイケハヤさんですら注目していないそんな時代である。


その後、ユーチューバーという言葉が市民権を得て「好きなことを仕事にしよう」といったキャッチフレーズのもと、みんなが一斉に動画作成にのめり込んでいった。メディアを使った一種のマインドコントロールとも思えるが、その影響力は大きくてネットに疎い世代の方たちの心までも動かしていった。


そんな大きな流れの中、意外とミーハーなボクも何本か動画をアップしたことがある。最初のうちは「あっ、これがやりたいことかもしれない!」と思って夢中になっていたんだけど、10本目くらいから急にだるくなってしまい最終的にやめてしまった。たぶん新しいことを始めたときの高揚感を脳ミソが勘違いしてしまっただけなんだと思う。


結局のところ、ボクはただ情報に振り回されただけだった。やりたいことって、そう簡単に見つかるものでもないし、永遠に続けられるとも限らない。もちろん人によっては「あっ!コレが私のやりたいことだ!」と直感的にひらめく場合もあるけれど、それはけっこうレアなケースなのであまり参考にしない方がいいと思う。


それに、やりたいことが必ずしもお金に繋がったり誰かの役に立つとも言い切れない。そういう先入観を抜きにして考えた方が自然だし、意外と日常のなかで無意識にやっていることがやりたいことだったりするものだ。報酬や名誉なんてものは継続した結果の副産物にすぎないので、それを目的にしてしまうと永遠に見つけられないような気がする。


最近では「レンタルなんもしない人」という一風変わったサービスを提供している人がいる。その名の通り、「なにもしない」ということを売りにしているわけだ。この人の話を聞いたら「やりたいことの本質」が見えてくると思う。週刊モーニングでマンガ連載もされているから興味があったら読んでみてほしい。ツイッター@morimotoshoji

サイトマップ

お問い合わせ

プライバシーポリシー