ペロイズム

37歳・独身・現役フリーター のホンネ

もう少しだけ心にゆとりをもって生きていこう!

昔からずーと疑問に思っていたんだけど、電車から降りてくる人を待たずにズカズカと車両に入ってくる人たちって、一体何を考えているのだろうか?扉が開く前から堂々と正面に突っ立っているし、扉が開いても避けようとしない。体がぶつかったりしようもんなら、なぜかこっちが悪いかのような感じで睨んでくる。まったくもって意味不明だ。


そんな人たちに限って、電車の遅延にやたらとうるさかったりする。駅員さんに対して横柄な態度でつっかかったり、人によっては損害賠償の請求なんかもしてくる。たしかに気持ちは分かるけど、そもそも電車が遅れたくらいで困るようなら、最悪の事態に備えていなかった本人にも責任があるんじゃないだろうか。


ボクは何度か海外に行ったことがあるんだけど、日本の電車ほど正確に時間を守っている国は他に見当たらない。みんな当たり前と思っているけど、都内の通勤時間における秒刻みのダイヤ調整は神ががっていて、職人芸ともいえるほど精密かつ繊細な仕組みで成り立っている。そういう裏方の事情を知っていると、あまり責める気にはなれないはずだ。


全てを誰か一人に押し付けるんじゃなくて、お互い様と思っているくらいが本来あるべき姿だと思う。未来のことなんて誰にも分からないのだから、心にある程度ゆとりを持って、多少のミスやズレを許容できる人間になっていきたいものだ。怒りに身を任せて苦情ばかりつけていては、いずれカスハラなどと訴えられて痛い目をみるかもしれない。


今はそういう時代なので、感情のコントロールをできるようにしておいた方がいいと思う。経済的なリスクだけでなく心理的なリスクも抑えられる。最近のニュースでよく聞く変な事件を起こす人たちは、きっと自分自身と上手く付き合えていないことが引き金となっているのだろう。だからこそ、心に余裕を持つ姿勢が求められるんじゃないだろうか。
参考資料:https://news.yahoo.co.jp/feature/1363

サイトマップ

お問い合わせ

プライバシーポリシー