ペロイズム

感じたことや考えていることをダラダラと・・・

MENU

初めて職質にかけられた(汗)

今日(正確には昨日)初めて職質をかけられた。オレオレ詐欺の加害者に格好が似ていたそうなんです。何にもしていないのに、変にドキドキしちゃいました(汗)ムダに注目にされちゃってるし、だからと言って逃げるわけにもいかないので、とりあえず身分書とケータイを教えて、身の潔白を証明してきました(笑)


でもね、これ、後から気づいたんですけど、彼らが本当に警察官だったのか?って言われたら、完全に謎ですよねぇ・・・。一応、警察手帳を見せてはきましたけど、今の時代けっこう物騒じゃないですか。制服や手帳なんかの類似品なんてネットでいっぱい売られてそうだし。考えすぎかもしれませんが、なんか妙に不安になってしまったんですよ(汗)


それにしてもみなさん、オレオレ詐欺ってけっこう身近に存在してますから気をつけてくださいね!実際うちの実家にも電話が架かってきましたからビックリしましたよ。ボクの声とそっくりだったみたいで、おふくろ騙されそうになっていましたし・・・(驚)オヤジのフォローがなかったら、引っかかっていたかもしれません。※ただしお金があればね(汗)


だけどさぁ、オレオレ詐欺に関わらずだけど、人を騙すような人たちって、そういう知恵を何でもっと真っ当なことに使わないんでしょうかね?たぶん、営業とか販売とかさせたら、けっこうイイ線いくと思うんですよ。犯罪なんてさぁ、リスクの割にリターンがしょぼすぎて、割に合わないだろうし、、、、ホント不思議で仕方がありません。


確かにお金は大切だと思いますよ。わざわざ物々交換なんていうかったるいことやってられませんから。でも、お金にばかりフォーカスしすぎていると、本当に大切なものが見えなくなってしまうような気がするんです。お金で買えるものなんて、せいぜいモノやサービスや情報くらいなもんで、愛とか幸せとか人情なんかとは交換できないと思います。


そのあたりのことは「メキシコの漁師」が教えてくれるので、興味のある方はぜひ検索してみてください。すぐに読み終わるほどの簡単な物語なので分かりやすいと思います。ちなみにボクはこの話を「ヒモメン」というドラマを見て初めて知りました。人間の本来あるべき姿のようなものを感じましたね。気持ちが軽くなるのでかなりオススメです。

サイトマップ

お問い合わせ

プライバシーポリシー